2015/04/12

今日の人気アプリ「移動して測定 - Flying Ruler - ALEXEY BRILEV」
















ALEXEY BRILEV - 移動して測定 - Flying Ruler アートワーク 移動して測定 - Flying Ruler

ALEXEY BRILEV

ジャンル: ユーティリティ

価格: ¥150

リリース日: 2013年8月23日



Flying Ruler は、メジャー(巻き尺)、定規、分度器、ゴニオメータ(角度計)機能を搭載しています。4 種類の計測器が 1 つのアプリに内蔵されていますので、長さ(距離)や角度などを軽快に計測できます。

Flying Ruler アプリならば、最も一般的な方法で計測可能です: あるポイント(起点)から他のポイント(終点)へデバイスを移動するだけで計測できます。

利用中のデバイスに新機能を追加しましょう!



*** App Store のユーティリティ・カテゴリーにおいて、41 ヶ国でトップ 5 に選出 ***



慣性航法装置(INS)原理に基づいて設計されていることが、当プログラムの特徴です: 加速センサーとジャイロスコープを利用してデバイスの位置を計測します。対象自体を計測できるだけでなく、2 つの壁の距離を計測することも可能です。



*** iOS 専用 ***



受賞歴:



エディターズ・チョイス - 148Apps

www.148apps.com/reviews/flying-ruler-review



メディアでの評価:



「Flying Rulerの正確さには驚きました。素早く測れるし、効率的です」 「携帯必須のアプリです」 -- 148apps 4.5 / 5 (MUST HAVE)



「初めて見た時は“わーお”って叫んだよ。モバイルテクノロジーを駆使したほんとにすごいガジェットだ」"The Flying Ruler Rules" -- AppPicker (おススメアプリ: このアプリにはよくない点などひとつもありません)



計測モード:



当アプリにはいくつかのモードが用意されています。使用する状況にあわせて、使いやすいモードを選択可能です。デバイス本体で計測するモードや、バーチャル定規で計測するモードがあります。当アプリを使えば、普段やっているのと同じ方法で同一平面上の角度を計測したり、離れた対象同士の角度を計測したりすることもできます。

さらに、写真を撮って計測結果を保存したり、計測した場所をマークしたりすることも可能です。

お友達や同僚に当アプリの実力を教えてあげてください – 間違いなく驚くはずです。



測定精度:



100 回連続で測定し、以下の結果を得ました:



iPhone 6 Plus で計測:



∙ 平均平方誤差 - 0.49%

∙ 最大誤差 - 1.2%

∙ 誤差の範囲が 1%以内だった計測回数 - 93 回



iPhone 4 で計測:



∙ 平均平方誤差 - 1.02%

∙ 最大誤差 - 3.0%

∙ 誤差の範囲が 1%以内だった計測回数 - 65 回、2%以内 - 96 回



測定精度はデバイスに左右されますが、エラー率が 3%を超えることはほとんどありません。複数回計測することで、精度を向上させることが可能です。複数回計測した場合、エラー率は通常 1%以下に下がります。



角度や長さが印字されている定規類の誤差(最小単位の半分)を、当アプリで完全に補うことはできません。しかし、定規類が無い場合、常時携帯しているデバイスで概算値を求める際に役立ちます。



長さが一定単位の倍数だと分かっている場合、正確さの程度を予測し、正確な結果を導き出せることがあります。例えば、10 cm 単位で作られている家具の長さを測る際、61 cm と計測されたとしても、実際の数値は 60 cm だと予測可能です。



当アプリでは 1 度単位の精度で角度を測ることができますので、分度器やゴニオメータ(角度計)の代わりにアプリで簡単に角度を計測できます。



ウェブサイト:



www.flying-ruler.com


© © 2013-2015 Alexey Brilev





移動して測定 - Flying Ruler - ALEXEY BRILEV の詳細はこちら